産業機械適合評価

産業機械の安全規格への適合性をコンサルティングから検証・審査まで支援

SEMI規格評価、CEマーキング機械指令適合評価など

NATOMでは米国をベースに米国、欧州、アジアの著名な半導体製造事業者から認定されている第三者評価機関の専門エンジニアによる産業機械装置の適合性評価サービスをご提供しています。


◎SEMI規格適合評価サービス

 半導体製造・検査装置の設計・操作に関する安全性評価

 お客様指定施設で評価試験を実施、評価レポート作成

 SEMI規格:S2, S8, S14など、EMC試験にも対応

 詳細はこちらからご参照ください。


◎CEマーキング機械指令適合性評価サービス

 電気、燃料などエネルギーで動作する産業用・製造用機械

 半導体製造装置なども欧州向けには適用

 整合規格:製品規格/共通規格/基本規格によって評価実施

 詳細はこちらからご参照ください。

 

SEMI規格適合評価サービス


特徴

半導体製造装置・検査装置の設計・操作に関する安全性評価を実施します。

設計段階において、規格が要求する内容のコンサルティングやデザインレビューでの設計確認を実施し問題点を早期発見し対策を行うことで、本評価で迅速、スムーズな対応を実現します。

お客様ご指定の施設での安全性評価試験及びテストレポート作成。S7評価基準を満たす経験豊富な専門ネイティブスタッフが英文規格の解釈を含めて日本語でお客様へ正確に伝えます。

また、FDA申請が必要となるレーザー試験、有毒性の液体や気体が使用される装置のトレーサーガス試験を実施します。

ユーザーからEMC試験が要求される場合、提携する試験所によるオンサイト試験もご提供しています。

CE機械指令適合性評価サービス

特徴

EU内で販売される機械製品に義務付けられ、製造事業者は技術基準であるEN規格に適合することを確認する必要があります。

適合性評価に際して、対象の機械装置の動作、機能から該当する規格を選択、初めてのCEマーキング対応でも事前の設計確認により問題点を早期に対策することができます。

機械の基本概念であるリスクアセスメント(A規格)は必ず実施する必要があります。

個別の製品規格(C規格)に該当しなければ、機械に共通して適用される電気、油圧、空圧、衝撃・振動に関する共通規格(B規格)を適用する必要があります。

*リスクアセスメント

        EN ISO 12100

*電気一般要求 EN 60204-1

*制御システム EN ISO 13849-1


 

 

◎米国フィールドラベリングサービス

 米国向けの大型産業機械、電気設備をオンサイトで試験実施

 最終設置場所で試験された装置だけに適用される個別許可認定

 審査合格すると製品にフィールドラベルを貼付

 詳細はこちらからご参照ください。

 

米国フィールドラベリングサービス

特徴

米国向けの電気機械設備、半導体製造装置などを工場、商業施設の最終設置場所で試験を実施する個別許可認定制度です。

各地域の電気安全・工事規定に適合していることを第三者機関によって審査。合格すればフィールドラベルを装置に貼付します。

初めてフィールドラベリングが必要な場合でも、問題点対策のために事前の設計確認を行い、製品安全評価を日本側で実施可能です。